×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「僧帽筋」は背中から頭の上をぐるりと回っています。

顔のたるみの原因


さらに光老化といって、紫外線の影響によって老化現象が早まることがあります。
「僧帽筋」というのは背中の肩胛骨の上に位置しています。直接この「表情筋」に影響を与えるのが、「僧帽筋(そうぼうきん)」と呼ばれる筋肉です。それによって柔軟性がなくなりその結果顔がたるむというわけです。「僧帽筋」が固まると、表情筋が上手く引っ張り上げられないので顔がたるみます。「僧帽筋」が、表情筋を引っ張り上げています。さらに光老化といって、紫外線の影響によって老化現象が早まることがあります。



そしてさらにあごの下にまで影響しているのです。